Cartier Santos Garbe 電池交換

2016.5.24お預かりのCartier Santos Garbe 電池交換です。

5本届いたうちの1本。

竜頭の動きをチェックして。

ステンレス無垢バンドに三つ折れバックル。

裏蓋は4本ネジで留まっていて裏蓋記載。

余りコマの取付もご依頼です。

取り付け完了。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。

ケースの汚れを拭き取り電池格納部をチェックします。

時間を合わせて電池交換&ベルト調整完了です。

そしてTAG HEUERも。こちら正常動作ですかr電池交換では無くベルト修理。

ベルト調整出来ない分が外れております。

バックルに近い方の写真ですが。

凸と凸では繋ぎようが無い。

これだけのコマが同梱されており。さて、パズルと同じ。

こういう状態を作り上げたら繋ぐことが可能。

凹と凸ですから繋げそうなもの。ですがピンを通す穴が無い。

外れていたコマは錆びて壊れており。穴が錆びて固着したピンが残っております。

コマに貫通した穴が無いコマは使えないので再度分解します。

錆びて居ない健常なコマを分解して「凹凸」を作りだせれば。

ブレス修理完了です。何とか繋ぎましたがサイズが問題。これ以上増やせない訳ですが実測「16.5〜17.5cmくらいでしょうか。
あとはコマが固着してスムーズでは無い箇所があると言う事でしたが
特に感じませんでした。でも全体的にサビが回っておりますね。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可