CHANEL J-12

2016.7.21お預かりのCHANEL J-12電池交換メンテナンスです。
2014年にもお預かりの腕時計。

今回は正常動作ですが「ガラスが曇る」と言う事でお預かり。

セラミック・バンドに両開きバックル。

裏蓋は4本ネジで留まっていて裏蓋記載。

ネジも洗浄して綺麗になりました。

裏蓋を外しますが水滴が付いております。デザインは防水時計ですが
裏蓋がスクリューバックでも無くネジ留めですから防水機能は期待出来ない構造です。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。ムーブメントにダメージは無く乾燥させれば大丈夫でしょう。
メーカーならこの症状は、躊躇無く「分解修理」となります。

竜頭の裏側は洗浄でここまでは綺麗に。

竜頭パイプも、ここまでは綺麗になって。

ベゼルを外します。

ベゼルとガラスが一体物。目盛リングがあるのでこのまま洗浄は出来ません。

これが取り出した文字盤&ムーブメント。

ケースの内側もチェックして。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

綺麗になったケースにムーブメントと文字盤を戻して。

パッキンを装着。

ベゼルを乗せて裏側からネジで締めつけます。といってもあの小さなネジですから
気圧防水には耐えないと思います。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

裏蓋も洗浄して綺麗になりました。

パッキンにシリコン塗布をしてケースに戻します。

全体的にツヤが出て綺麗になったところで。

バンドを取り付け電池交換メンテナンス完了です。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可