LUMINOX Series 3080

2016.5.6お預かりのLUMINOX Series 3080電池交換メンテナンスです。
「ガラス交換」もご依頼ですが”正常動作”という事で。

何故ガラス交換なのか?これはガラスが曇っているだけ。
拭き取ればスッキリします。強いて言えば拭くだけでは無く乾燥も。
「到着いたしました。」メールついでに聞いてみれば
曇りをガラスのキズと勘違いされていた様で、それなら作業も簡単。
費用も10.000円以上とお伝えしましたが「電池交換&洗浄3.100円コース」です。

遊び革の状態もチェックします。

裏蓋は4本ネジで留まっていて裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。パッキンを外して劣化具合をチェックしますが異常は無し。これでガラスが曇ったと言うことは性能以上の負荷が掛かったという事。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。ムーブメントに湿気や曇りは見られず問題は無いでしょう。

竜頭の裏側は洗浄でここまでは綺麗に。

竜頭パイプも、ここまでは綺麗になって。

これが取り出した文字盤&ムーブメント。

黒い物の上に置けばいかに曇っていたかがわかります。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

外したパーツを戻していき電池を入れて動作確認。パッキンにシリコン塗布をしてケースに戻します。

ガラスの曇りもスッキリしたところで。

バンドを取り付け電池交換メンテナンス完了です。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可