LUMINOX Series 3400

2016.10.6お預かりのLUMINOX Series 3400電池交換メンテナンスです。
2012年にもお預かりの腕時計。
電池寿命10年のハズが「遅れる」というご依頼。
また「秒針のズレを修正」というご依頼もありましたが。
「秒針のズレ」というキーワードはお断り対象となります。
そこはご了解頂いて、次に”遅れ”。秒針の目盛り位置がずれて遅れるとなると
歯車の遊びが大きくなっていると言う事も考えられ。
こういうムーブに歯車の交換という修理はありませんから。
分解修理よりムーブメント交換となるでしょう。
ただ「遅れ」というのは電池切れという事もあります。

よって今回は「リチュウムの電池交換のみ2.100円コース」で様子見と言う事でお預かり。

竜頭の動きをチェックして。

ステンレス無垢バンドに三つ折れバックル。

微調整位置をチェックします。

バックルの汚れは拭き取って。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックします。

裏蓋を開けると電池がムーブメントを覆っています。

電池格納部をチェクします。

電池を入れて動作確認。一晩「平置き」で様子見をして。

翌日は時計を立てて置きます。2日、秒の狂いも無く合っており今回は「リチュウムの電池交換のみ2.100円コース」となります。
到着して腕に付けて頂いて、遅れるとなるとムーブメント交換しかありません。

 

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可