LONGINES EVIDENZA

2017.2.14お預かりのLONGINES EVIDENZA電池交換です。
2009年と、2013年にもお預かりの腕時計。

5本届いたうちの1本。

竜頭の動きをチェックして。

ステンレス無垢バンドに両開きバックル。2コマ同梱で。

現状、17cmですから1コマ追加で問題無いでしょう。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。

ケースの汚れを拭き取り電池格納部をチェックします。

時間を合わせて電池交換&ベルト調整完了です。

そしてもう1本「ベルト調整」のご依頼です。

チタン無垢バンドに三つ折れプッシュバックル。

同梱のLONGINES OPOSITIONを参考に合わせてほしいというご依頼。

これがLONGINES OPOSITIONですから「18cm弱」に合わせます。

余りコマは1コマ。

1コマ足しでは19cm弱。

微調整位置を詰めて短く。

これで18cm弱。

ベルト調整完了です。

同梱のBULOVA PRECISONISTですが大きな時計で、裏蓋も大きく。
カーブに沿いませんから、このくらいの長さで、18cm弱と同じくらいの感覚なのでしょう。

こちらはLONGINES CONQUEST。 19cmですがベルト調整のご依頼の記載は無く。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可