BULOVA PRECISONIST

2017.2.14お預かりのBULOVA PRECISONIST電池交換です。

5本届いたうちの1本。

竜頭の動きをチェックして。

ステンレス無垢バンドに両開きバックル。

裏蓋は”はめ込みタイプ”で裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。この裏蓋、開ける時の食い付き具合から閉めるのは厄介な作業になります。

プレス器で締めつけるにも、ガラス側のコマを当てるスペースが無く。
ましてガラスはカーブがキツく。ガラス周辺の金属部分が狭すぎる。
指で閉まることを願うのみですが。

裏蓋を開けると電池がムーブメントを覆っています。

電池格納部をチェクします。

パッキンにシリコン塗布をして裏蓋に戻し。
やはり指では閉まらず、一苦労でしたが。

何とか閉めることが出来ました。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可