CASIO G-SHOCK DW-5000/1545

2017.6.6お預かりのCASIO G-SHOCK DW-5000/1545電池交換メンテナンスです。
ついでにウレタン・バンド交換のもご依頼です。

ウレタン・バンドは同梱頂けましたら交換はサービスです。

ウレタン・バンドが加水分解で折れております。

遊び革の状態もチェックしますが異常はなく。オリジナルの遊び革は金属ですからこちらの方が丈夫でしょう。

ベルトを外さないと裏蓋が開けられない構造ですから外します。

交換しますが軽く洗浄しておきましょう。

バネ棒も交換バンド一緒に入っておりましたが、元のバネ棒も
まだ洗浄で充分使用出来る状態です。

ラグ部の汚れもチェックします。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

ベゼル・カバーを外さないと洗浄に進めませんが、既に加水分解で割れております。

反対側も割れております。

こちら割れてはおりませんが亀裂が入っており崩壊寸前。

一箇所は異常はありませんが外した瞬間に亀裂が入るでしょう。
できれば交換用の「ベゼル・カバー」も入手頂いた方が良かったです。

ベゼル・カバーのネジは洗浄します。

ベゼル・カバーを外せば汚れが目立ちます。これは洗浄で綺麗になるでしょう。

裏蓋の裏側もチェックして。

裏蓋を開けるとスペーサーが電池を覆っています。

これがムーブメントで。

これが取り出した液晶&ムーブメント。

ケースの内側もチェックして。

裏蓋を閉めてまるごと洗浄して浸水が無いかチェックします。

ベゼル・カバーですがこうなるのは必至の状態にあります。

かといって外さなければ洗浄も出来ず、バイスにセットする圧力で粉々になるでしょう。

洗浄して綺麗になりました。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

表示確認してELライト点灯確認。

外したパーツを戻していき電池を入れて動作確認。

全体的にツヤが出て綺麗になりました。

バネ棒やネジも洗浄して綺麗になりました。

交換用に同梱のウレタン・バンドを取り付けます。

ベゼル・カバーのネジが効いている方は隙間無くピッタシ。

ベゼル・カバーの端が割れていた方は段差と隙間が出来ます。

 

時間を合わせて電池交換メンテナンス完了です。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可