G-SHOCK DW6300/1084 電池交換メンテナンス

2017.7.25お預かりのG-SHOCK DW6300/1084 電池交換メンテナンスです。

2本届いたうちの1本。

プッシュボタンが歪んで押せない箇所があります。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

裏蓋を開けるとスペーサーが電池を覆っています。

これがムーブメントで。

作業の前に電池を入れて動作確認。

問題無く表示します。ガラスの曇が気になりますので、後で拭き取ります。

これが取り出した液晶&ムーブメント。

こちらは液晶側。

ケースの内側もチェックして。

このプッシュボタンが不動です。サビとかはなく曲がった事とグリス切れの様です。

このプッシュボタンも同じく不動。

横から見ても歪んでいるのが分かります。

これだけ曇れば視認性にも影響が出ます。

黒い物の上に置けばいかに曇っていたかがわかります。

文字盤も外してプッシュボタンの修理です。

プッシュボタンが曲がって居る事が分かります。

これは完璧を求めて修正していたら折れた。そういう事もありますからスムーズに
プッシュボタンがストロークすればOKとします。

グリスが切れております。

ケース側にはホコリが詰まっており、プッシュボタンを吸着していたようです。

この程度まで修正すれば動きに問題はなく。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

プッシュボタンの穴も洗浄して綺麗になりました。

プッシュボタンとバネも洗浄して綺麗に。

それにしても重厚なケースです。

文字盤を戻して。

ガラスを装着。

そしてプッシュボタンを戻します。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して。

全体的にツヤが出て綺麗になりました。

プッシュボタンもスムーズに動くようになり、時間を合わせて電池交換メンテナンス完了です。

 

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可