G-SHOCK GS-500/1789 電池交換メンテナンス

2017.7.15お預かりのG-SHOCK GS-500/1789 電池交換メンテナンスです。
古い時計で先にお振り込みとは。動かなければ厄介になります。

竜頭の動きをチェックして。

遊び革の状態もチェックします。

ベルトを外さないと裏蓋が開けられない構造ですから外します。

バネ棒は錆びており洗浄します。

ウレタン・バンドの汚れもチェックして。洗浄代金を振り込み済みですから洗浄します。

次はベゼル・カバーを外します。

ベゼル・カバーのネジも洗浄します。

ベゼル・カバーの裏側もチェックしますが綺麗な状態。

ケースも目立つ汚れもなく綺麗です。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

裏蓋を開けると耐磁プレートがムーブメントを覆っています。

更に電池が覆っておりますから取り外しましょう。

絶縁フィルムとスペーサーも取り外し。。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。

竜頭の裏側は洗浄でここまでは綺麗に。

竜頭パイプも、ここまでは綺麗になって。

これが取り出した文字盤&ムーブメント。

ケースの内側もチェックして。汚れやサビも無く綺麗な状態。

裏蓋を閉めてまるごと洗浄して浸水が無いかチェックします。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

外したパーツを戻していき電池を入れて動作確認。

パッキンにシリコン塗布をしてケースに戻します。

ELライト点灯確認。

ベゼル・カバーの取付も完了。

バネ棒やベゼル・カバーのネジも洗浄して綺麗になったところで。
バンドを取り付け電池交換メンテナンス完了です。
この先の写真ですが、来客と。レターパック投函時間の関係で撮影するのを省略致しました。
G-SHOCKのデジタルは今でも電池を入れれば動く出す物がほとんど。
アナログでこの年代のものは、殆どが動かないですが。
これだけ状態が良いと問題無く動くものだと。
それにこのG-SHOCKはベゼル・カバーもウレタン・バンドも加水分解の雰囲気も無い。
加水分解の症状は時計の内部の状態を示すバロメーターかも知れませんね。

 

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可