バウンサー(BOUNCER) 6355 デジタル

2016.7.13お預かりの電池交換メンテナンスです。
解説の前に「注釈」ですが、この時計は受付不可です。
どうしても言われたら受け付けますが、洗浄無しで3.100円(2016年現在)となります。

電池の入替は簡単ですがベルトの脱着が非常に厄介。こういう時計は殆どがそうなります。
こういうブレス風の一体型は全て脱着が厄介。不要のキズも多く付きますし受付したくないジャンルですから、お申し込みは「そこを了解した旨」の記載がない方は普通にお断りする事になります。

ガラスの曇りが気になると言う事ですが・・・そうは見えない。

裏蓋は”はめ込みタイプ”で裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。

これが取り出した液晶&ムーブメント。

可能であれば洗浄のご希望ですが、プリントガラスですから洗浄は出来ません。
この裏蓋では閉めて洗浄しても意味が無いですし。

ガラスの曇り?拭き取ったのみ。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

こういうご時計で「ガラス拭きのみ」で3.000円は頂きにくく
正常動作しておりますが電池交換は必須になります。

パッキンにシリコン塗布をして裏蓋に戻し。

表示確認してELライト点灯確認。

問題のウレタン・バンドの取付。15分格闘して指が攣ってやっと完了ですが。
バネ棒が入る穴の手前にウレタン・バンドを固定する段差が付けてあり。
バネ棒を滑らせて挿入が出来ず。バンドを脱着することなど考えていないのでしょう。
ラグ足もキズだらけになりますが、それよりも装着する事を優先するしかありません。

時間を合わせて電池交換メンテナンス完了です。

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可