TRUSSARDI TS-2510 クロノグラフ

2016.11.4お預かりのTRUSSARDI TS-2510 クロノグラフ電池交換メンテナンスです。

竜頭の動きをチェックして。

ステンレス無垢バンドに三つ折れダブルロック。「1コマ大きく」というご依頼もありますが、これは存在しない部品。

微調整位置をチェックします。ここが奥なら伸ばして調整も可能ですが外ですから”コマ足し”しか大きくする手立てはありません。

バックルの汚れもチェックします。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

ラグ部のバネ棒が曲がっておりますから、後で交換します。

裏蓋の裏側もチェックして・・・。パッキンが・・・。

無い!これでは非防水ウォッチ。これがムーブメントで。

ムーブメント拡大ですがやはり湿気でムーブメントが曇っております。

電池を取り出してみるとサビが。これは液漏れではありません。
単純に浸水です。

これは凄い事に。でもよく見ると電池格納部の表面のみですね・・。
メーカーとかでは、この症状はムーブメント交換でしょう。

電池を入れて見ますがピクピクしており。強制運針器でしばらく回して動き出しました。

竜頭パイプも、チェックします。

これが取り出した文字盤&ムーブメント。

ケースの内側もチェックして。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

竜頭パイプも、ここまでは綺麗になって。

竜頭の裏側は洗浄でここまでは綺麗に。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して。もう一度、動作確認。

裏蓋も洗浄して綺麗になりました。

スクリューバックでパッキンが無しでは意味が無い、新しいパッキンを装着。

全体的にツヤが出て綺麗になりました。

ブレスも洗浄して綺麗になりました。

バックルも。

さてコマはありませんが、作業中に「この様なコマをガラ箱の中で見た記憶が・・・」
切りがないので”探す時間は1時間”と決めて、探します。
ジョイントが噛み合うか合わせてみる為に、コマの割りピンを抜きます。

合う物なら何でも許容という事で探してみます。

無垢バンドのコマでなければ合いませんし。凸凹形状で無ければ無理です。

これでもサイズ的には行けそうですが1mm、割りピンが通る穴の位置がずれており不可です。

似たようなデザインのコマがありましたが。

幅が違います。

丁度1時間、そろそろ諦めるか。と片付け始めた時に「おや?このコマは余りにも似ている」

ジャストサイズ!こういう事もあるのですね・・。
ただ割りピンの太さが違いますから、細い割りピンを探すことに。

やたら時間が掛かりましたが、こうやって装着して見ると分からないレベル。

4コマ出て来たので余りは同梱しておきましょう。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可