NIXON Simplify THE 51-30 クロノグラフ

2016.5.30お預かりのNIXON Simplify THE 51-30 クロノグラフ電池交換メンテナンスです。

遊び革の状態もチェックします。革ベルトですから洗浄が出来ません。
この革ベルト、センターラグピンと同じ構造ですから難しくはない。
ただ堅い接着剤でネジが固定されているのと、ドライバー二本が必要です。
片方を固定出来ればドライバー1本で作業できますが。

この変色は洗浄出来たとしても落ちないでしょう。

温泉でこうなったそうですが、初めて見ました。

これはクロスで磨くことで、黒さは消えると思います。

問題は裏蓋。作業してみないとなんとも。

キズで塗料が剥がれた箇所に温泉が染みこんだ感じです。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。ムーブメントにダメージは無い様です。

電池格納部をチェクして動作確認。問題無く動きますから作業を進めます。

ケースの汚れを拭き取り外したパーツを戻していき電池を入れて動作確認。

裏蓋のサビは削ってから洗浄して綺麗になりました。

パッキンにシリコン塗布をしてケースに戻します。

これが限界。表面が塗装なのであまり削ったりは出来ない。

竜頭も塗装ですからクロスで磨いて洗浄程度しか出来ません。

竜頭パイプも、この程度なら手作業でサビを削り落として対応。

竜頭やプッシュボタンはこれが限界。

ケースサイドも拭き取りのみですが洗浄するよりは手間が掛かります。

全体的にツヤが出て綺麗になったところで。

尾錠を忘れておりましたが、これもクロスで磨いて生きます。

これが限界ですが綺麗になりました。

時間を合わせて電池交換メンテナンス完了です。

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可