インポートの修理代

インポート・ブランドって言葉がありますが、デザイナーズ・ブランドって言葉も。
正確かつ詳しい解説は「ぐぐって」頂くとして。
ここでは時計としてのブランド。そう書くと「時計で有名なブランドの話」みたい
ですが違います。
何が言いたいかと言えば「高いか安いか」のブランドの話。
簡単に言えば「デザイナーズ・ブランド=高い」「インポート・ブランド=安い」。

D&G・NIXON・FOSSIL・DIESEL・等ですが時計の金額としては安いものが多い。
「腕時計の話」であってアパレルや雑貨の世界は私ではわかりませんが。

最近、修理の預かりは「修理センター」へ依頼しており。そこがインポートブランドも
取扱いブランドにあるので「ガラス交換」など助かっております。
つまり今まで「お断りしていた物も、直る」という事ですが費用です。

例えばこの時計「D&G ASPEN(アスペン) 」と言うそうですが。ぐぐってみたら
15.000円〜20.000円くらいで売っております。

ご依頼内容はプラスチックのベルトが引きちぎれており交換のご依頼。

時計メーカーなら「エンド・ピース」のみというような部品管理もあり得ますが
インポート・ブランドではせいぜい「専用バンドまるごと」が主流。
でも腕時計の世界では「専用ブレス=時計本体価格の30〜40%」くらい。
つまり20.000円定価の時計なら6〜8.000円がブレス代金の目安。

またガラスも数箇所、欠けており交換のご依頼です。
最近の時計は大きく作られる物が多く、ガラスも厚いです。
となると費用も「5.000円〜7.000円」くらいです。

この時計のご依頼からは「ガラス交換+ブレス交換」ですから
11.000円〜15.000円くらいになります。
購入価格が15.000円〜20.000円くらいの時計にそこまで費用を掛けるか?
という選択になりますが。
お客様は「4・5.000円で直る」と思われているようで。

その発想はどうも「時計が20.000円」なら。
「ブレス2.000円・ガラス2.000円・裏蓋1.000円・ケース2.000円・文字盤1000円
竜頭2.000円・ムーブメント8.000円」で合計「20.000円」そんな計算をされるようです。
修理の値段は「部品の材質・交換難度」によって決まりますから
ガラス交換だけで5〜7.000円とかになります。
よって、仮に各パーツを取り寄せて1本の時計を組み立てたら?
20.000円で購入した時計でも「50.000円くらいになる」と思って間違いはありません。

写真の時計も「時計名と依頼内容」から「費用が高くて合いませんよ」と
警告したにも関わらず到着しました。
結果的には連絡を待って、ご説明して「時計は廃棄」という事になりました。
返送したら返送送料のみ”お振込みが発生”する為です。

最近、スマホの影響か
「検索に掛かったので送った」「PCからのメールは受信拒否設定」など
警告しても送られて来る、でも連絡も取れず。
放置していたら「到着の案内もありませんし、戻っても来ませんが。いったい時計はどうなっているのですか?」という問い合わせに困っております。

それだけ知名度が上がってきたという事ではありますが。
「きさくな時計屋」というロゴも影響しているかも知れませんね。


Cooの腕時計Blog