ご依頼側の世代交代

時計の部品調達ですがサイトで預かりして紹介している時計の殆どが不可です。

TAG HEUER・OMEGA等のムーブメントはETAムーブが多いですが。
ムーブ内のパーツは、まだ流通している様です。でも部品であっても
「ブレスのコマ・竜頭・ガラス・針・文字盤・ケース(裏蓋は一体扱い)」等は
入手不可
といっても過言ではありません。

まして発売から10年が経った時計は確実に存在しません。
そこが大手では何か起こった時に弁償すら出来ないので
修理受付や電池交換受付どころか触ることもしない理由でしょう。
大手(看板が大きくなると)は裁判になった場合
「弁償できない事を承知で触ったのですか?」と突かれるので当然の対応と思います。

それを承知でも触っているのは、お客様にご理解頂けてこそ。
私の店の例では参考にも成らないかも知れませんが。
TAG HEUER・オメガなどのブランドメーカーは取引すらありません。
よって私が電話して「時計店ですが部品が欲しいのです」といっても相手にもされません。
モータース屋さんなのどは結構、何処のメーカーでも部品の入手は出来る様ですが。
やはり車業界はそれだけ流通量が多いので需要があるから成り立つのでしょうが
一般的にお客様から見たら時計も家電も有名メーカーであれば
電話一本で「型番での在庫確認」が出来ると思われているようです。
いえ今の時代「メールで確認」でもと。私の感覚で、それは夢の又夢。

送られて来る時計で電話で在庫確認出来る部品など皆無に等しい。
私の店に送られてくる時計は、他店が断る時計が殆ど。
つまり電池交換の作業中に部品交換が必要になれば部品を探すことになりますが、
やっている現実は「型番で在庫確認どころか」
「1〜2週間の返事待ち」です。お客様からは。
電話やメールがある時代に一体何をやっいるんだ?と
イライラされると思いますが仕方がありません。それが現実です。
「ホウ・レン・ソウ」など求められても何処の世界の話?って感覚です
私でも、そういう方は受付時点で断る事を徹底しているくらいです。

そういった現状では、接客業最前線では通用しないでしょう。
お客様に納得頂けるどころか、クレームならまだマシであって。
店の信用問題になるので「扱いさえ中止」は当然の対応。
それが修理や電池交換を受けなくなった理由でもあるでしょうが。
私それを承知で、受付している訳で。そのお陰で私などにも依頼がある訳です。
これだけの言い分け掲載をしながらも、皆様のご理解を頂きながら
サイトの運営が始まりました。
それがサイト開設から10年。最近、サイト開設時から比べると
ご依頼されて来る方も世代交代されている事を痛切に感じます。

単に検索で出て来た「電池交換してくれる店」であって
「営業しているんだから当然、今の時代の対応能力はあるだろう」と疑いもしない方が
増えている事を実感します。
今の世代に昔の商売方法を押しつけている感じで、ある意味「価値観の押し売り」ですか。
現実を知って頂かないと私でも預かることしか難しくなりつつあります。
電池交換メンテナンスで終われば問題はありません。
でもムーブメント取り出しで何か起これば「電池交換だけでご依頼の積もりでも」
納期の約束・原状回復などを期待できない現状をご理解ください。

2011年6月サーバ引越で過去データの引越が出来ず新設です。