ソーラー・ウォッチ電池交換(2015.1.21)

本日の更新「Eco Drive 」ソーラーの電池交換。

今年2015年から修理センターさんが対応して頂けるの受付ます。
ただ外注するのでお客様への請求は5.000円+(税)。
洗浄コースは7.000円+(税)と割高になりますが、外注のための
送料を含まれますから仕方が無い。

でも一度、交換すれば5〜10年は持つ訳でそんなにも高い金額ではありません。
ただ購入時は「電池交換・不要!」と書いてありますが、そういう訳にはいかないでしょう。
クルマのハイブリッドも同じでしょうが、電池交換の時期が来たら
全体的に本体も不具合が出る頃になります。

ウォッチも同じで「ソーラーの二次電池(キャパシタ)」が交換す頃は
7〜10年が経過しており、電池交換だけしても「遅れる・止まる」という
症状が出る事は多々あります。

かといって「電池交換+分解修理」でしか受付不可というのも無理があり。
そうなると費用も15.000円とかなると買い換えの方がお得。

でも時計店が無くなっていく現在、メーカーも製造販売した時計が
電池切れの場合、全てメーカーで受ける事は無理ですから。
電池交換で戻らないように「ソーラー・ウォッチ」をメインに作っております。

二次電池の交換受付を始めましたが需要があるのか?
個人的には電池の仕入れ値が高すぎて、商売にならず乗り気ではありませんが
数年、様子見となります。