腕時計のメタルバンド・ベルト交換/フィット管とは

メタルバンドの着け幅がラグ幅より狭い場合の合わせ方です。写真の状態ですが。
まずは「青い線の幅」を合わせるのが重要と書きました。
これでは取り付けてもベルトが左右に動いてしまいます。
かといってメタルバンドには同じデザインで「幅違いは無い」そこで「フィット管」です。
フィット管/写真

これが「フィット管」ですが、既製品のメタルバンドには、
この部品が付いていおります。
「2個ペアとして」ベルトに同梱されています。
透明のビニールパイプからフィット管を取り出すと写真右側の様に2つ出てきます。
装着例

既製ベルトは取付部分の形状が「左写真」のようになっております。
ここに右写真の様に「フィット管」を差し込みます。次にベルトを裏返して。

写真中央○位置「爪」の位置をあわせてから工具で押さえて
フィット管が左右に動かない様に固定します。
完成図

これで取り付けても幅が合います。

装着例2

かなり幅の狭いメタルバンドだって”フィット管”を差し込めばジャストフィット!
極端な例としてはメンズ時計にレディス用メタルバンドだって
ジャスト?フィット?(;^_^A
実際には下記の様な、選択をする人は少ないと思います。
しかし実際に過去に店でも主人や父の形見だから、
奥さんがメンズの腕時計を着けたいといった要望もありました。

さすがにメンズのメタルバンドは幅が広過ぎて如何にも
主人の腕時計を借りてるみたいで格好が悪いと言われますから、
この様に取り付けた事が何度かあります。
では、今度は逆にベルトの幅よりも腕時計の取り付け幅が
狭い場合はどうするか?「ベルトの方が広い」場合。更に注意点は

レディス装着例

フィット管の取り付け注意点」でご覧ください。