腕時計のメタルバンド・ベルト交換/弓環取り付け例

腕時計メタルバンド交換既製/弓環-写真 腕時計メタルバンド交換弓環部アップ

「既製品の弓環タイプ」への交換を紹介しましょう。
弓環タイプの既製ベルトは数種類はありますが、写真は一例です。
既製品とはゆえ”弓の形状”をしたパーツも付いますから、
先ずは「幅が同じか」次に”弓環部分”のカーブが合うか試します。
腕時計メタルバンド交換弓環合わせ腕時計メタルバンド交換取り付け例

幅は合ってもカーブが若干違います。
やはりこういったカーブのある既製パーツを合わせるのは難しい、一応付けてみますと。

上の(写真右隅、青い□」よりは、マシですが。良く見ると。
腕時計メタルバンド交換純正品との比較

やはり、違いますね(;^_^A 。この取り付け状態が許容範囲であれば、
高い専用ベルトよりは安く収まります。

電池交換コーナーですが実際に付けた例です。「弓環メタルバンドの交換例」

上記写真の状態が許容範囲でない場合、それならいっそ!

革ベルトに交換というのも、ひとつの手段です。(^_-)-☆
次に「メタルバンドへの交換時の選び方/注意点」へ!


コラム

同じ弓環でもCITIZEN「EXCEED」ともなれば。

腕時計メタルバンド交換弓環エクシード腕時計メタルバンド交換弓環部分拡大

バックルも無垢ですが、弓環部分も無垢です。
無垢タイプの弓環は分厚いですから湾曲しません。膨張もしないですから
隙間無く弓環とラグ部の摩擦でも固定されており。
バネ棒を外してからも、かなり思い切ってベルトを引かないと腕時計本体からはずれません。

腕時計メタルバンド交換エクシード弓環サイド

重厚な感じは良いのですが、これを取り付けるのは難しいです。

次に「メタルバンドの選び方1」へ。