腕時計修理の質問集/ホイヤー無垢バックルの緩み

ホイヤーのバックル

タグ・ホイヤーの無垢バックル(留め金具)の修理のご依頼です。

ホイヤーの場合メタルバンドを既製品に交換するのは不可です。
かといって専用バンドでは30.000円〜38.000円(金色)くらいはするでしょう。

「板バネタイプ」の三つ折れはカーブを変えたり爪の角度を変えたり。
慣れないと難しいものが多いですが。
無垢バックルは意外に簡単なので直し方の紹介です。

こういったタイプですが、先ずはこの○印のバネ棒を外します。
バックルの外し方」の所で”ここは外しては行けないと書きましたが。”
ここはベルト調整ではありませんから外します。

バックルを留めるのが緩むのは、この隙間が狭くなる為です。
よって、ここにドライバーを当ててハンマーでコンコン。
0.1mmほど広げるだけですから大きな力は要りません。
かといってドライバーを指で突いて広がるほど甘くもないですが。

 

間違ってもこの隙間が左右で明らかに違って見える程は広げないで下さい。
この箇所の修理のご依頼は3.000円ですが「電池交換」「かしめ修理」のついでなら無料です。

腕時計修理の質問集トップに戻る