スイスミリタリーのバックル

スイスミリタリーの電池交換をしました。バックルは普通の「板バネ」の三つ折れですから何も考えずにバックルの微調整部のバネ棒を突いてパラリと外しました。そのままカメラの前まで来て撮影。電池交換も終わって。さぁ、バックルのバネ棒を戻すのみって所で・・・?

何だ・・・これは・・・これでは付ける事が出来ない・・・これはスイスミリタリーとは違ったベルトですが、僕らの常識としては、この形が頭の中にはあります。

要するにこの部分が無いのです。時は年末、店も忙しいし次の電池交換も待っていますが・・この部品がないとお渡しも出来ないぞ・・・やば!焦ります。必死で机の上や下を探しますが・・・無い!大変だぞ〜。もう頭の中は上記写真のパーツしか浮かんでいません。

ところが落ち着いて考えれば、この部品を外したとすれば

この作業を自分がしているはずです。しかし ・・・記憶に無い。数分前の作業を自分で覚えていないとは・・・自分は惚けたか?そんな訳は無いだろうと。で、もう一度冷静になって机の上を見ると中央に、こんなパーツが・・・ じぃ〜〜っとこのパーツを眺める自分がそこに。おかしいなぁ。作業机の上には工具以外はバネ棒とこのパーツのみ・・・
これはこのベルトのパーツか・・・?では一体何処にどうやって・・・何のパーツだ?

こうやって置いてみて「ひらめいた!」こうだ!

これで正解のようですね(;^_^A 毎日の仕事ですからベルトのエンドピースはこの形状と思いこんでいた事の愚かさです。先入観って怖いですね。スイスミリタリー!紛らわしい構造にするなぁ〜!いやほんと焦りました(;^_^A

一気読み次は「コンセント式の目覚」へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」