ウグイス嬢?

2004年12月1日 (ウグイス嬢?)

前にも書きましたが、わたしはテナントとして仕事しています。よって売り場を外す事もあります。もしお客様が来られて店に居ない時は店内放送で呼び出されます。普段はウグイス嬢が綺麗な声で。

ピン・ポン。ポンポォ〜〜ン・・!(店内に大きな音と声が響きます)
「お呼び出しを・・致します。 ○○課××さま・・外線1番に・・
お電話が・・入っています。」とか。
「 ××さま・・至急・・サービスカウンターまで・・お越しください」

と。お客様に耳障りに成らないように適度な「間」を入れて呼び出します。

ただ、緊急の場合は誰でも、近くの内線電話の「放送」ボタンを押して店内放送をする事が出来ます。
気をつける事は、なるべくゆっくり喋る事と、電話を置くときにマイクが受話器を置くまで音を拾いますので「ガチャッ!」って音が入らない様に受話器を置く前に指で電話切る事です。

先日「1日」は、毎月恒例の売り出しの日にち。従業員も皆、殺気だっています、忙しそう。

日用品カウンターでは、Xさんがレジを打っています、おまけに歳暮のギフトカウンターも掛け持ちで。この方とは、ボクも同じ駅から出勤しますので親しい方なのですが。もう、一応定年は過ぎてまして今はバイトでレジを打ってる、おばちゃんですね。

その日、ボクが売り場を外していると「店内放送」が掛かります。Xさんの声。歳暮カウンター掛け持ちですから忙しいのは分かりますが。ボクの名前を店内放送で呼びます。

ピン・ポン。ポンポォ〜〜ン!(ウグイス嬢の声と思いきや、おばちゃん)
「○○さん!売り場へ!ガチャッ!!」

店の従業員は皆、この方の性格は知っていますので、皆、必死で笑いを堪えています。(;^_^A
このXさんからしても、ボクは親しいと思っているので別に失礼でも何でもないのですが・・・

お客さまは・・・

「何ぃ〜今の放送・・・」といった感じでぼ〜ぜんとしていましたね。

昼の食堂で話題になって皆で、大笑いでした!そのおばちゃん。

「わたし、受けは狙ってないよ!」


って、だから面白いのよ。(^_-)-☆

一気読み次は「オークション」へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」