ネジ巻き

「2005年3月6日」

昨日、おばあちゃんが時計を持って来店されました。

「ちょっとこれ、最近ネジ巻いても止まるのやけど油ぎれやろか?」

「どれどれ、ちょっと見てみましょう。」と文字盤を見ると。

”Quartz(クォーツ)”の文字が!

「あの〜、これ電池式の時計ですからネジは巻かなくても動く時計ですが・・・」

「何言ってるの。巻く時計よ」

「いえいえ電池式です」

「ネジ巻きや!って言ってるのに変な兄ちゃんやなぁ」

「でもこれ、電池式ですから」とフタを開けて電池を見せます。

「ほらね。電池式でしょう」

「ネジ巻きやって」(☆。☆)

「いえいえ、ご覧になったでしょう?電池」

「電池が入ってるかどうか知らんやんか、でも巻かないと止まるの」???

「いやあのね、だから巻かなくても良いのですよ・・・」

「とにかく電池は換えといて。後は巻いて使うから」???

何か食い違っていますね・・・

「おばあちゃん何故、巻かないと止まると思うの?」

「朝起きて、ちゃんと巻いた日は止まらないの。巻き忘れた日は止まるからネジ巻きでしょう」(☆。☆)

そう言う事だったのか・・・Oo。。(_ _))これは説明が・・・厄介だぞ!

「あのね、この時計電池で動いているからね。巻いても意味が無い時計だから巻かなくても良いのですよ、止まるのはネジのせいでは無いのですよ」

「ほな、何で巻いた日は止まらないのよ?」

「・・・・」説明するだけややこしくなっていく・・・こういった時は、講釈は止めておきます。

「分かりました!では直しましょう」と言って電池を測ると減っていますので電池交換。

「ハイ!どうぞ!これで治りましたよ」

「そうなん、これで巻かなくても良いのやね。」

「ハイ、大丈夫!」

「ほな、巻かなくて良いのやったら

巻けない様にしといて!」(☆。☆)

無理! (・・;ノ)ノ

この「巻いた日は時間が合っている」は、錯覚?(思いこみ?)ですね。洗濯機を回すのに、コンセントの掃除をした日は汚れが良く落ちる。そういった感覚と同じですから。クォーツ時計のネジを巻くのと精度はまったく因果関係はありません。(v_v)

一気読み次は「カシオ/TOUGH SOLAR」 へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」