ROLEX18金無垢/10ポイント

「2005年9月18日」 

先日、60代にはまだか?といった男性が入って来ます。私の店はスーパーの中にあるので殆どの接客は立ったままの会話で終了しますが・・。

「いらっしゃいませ」

「ああ、どうも。ちょっと座らせてもらおうか」大きく足を組んで座ります。

「ハイ、どうぞ。で、どの様なご用件で?」

「えらい、急かすなぁ。時計屋ちゅうような所は客をゆっくりさせるものやで」

「はぁ、どうも・・・」

「ところでな、今日はバンドを見せて貰おうと来たんやけどな、なんぼや?」

「なんぼと・・・言われましても・・・どの様なベルトがご希望で?」

「ん、まぁええがな。金属のバンドでなんぼや?」

「まぁ、¥3000〜¥5000くらいですかね、幅もありますから腕時計はどの様な物で?」

「¥5000!!高いなぁ、もっと安いのは無いんか?」(¥5000で焦っていますね(;^_^A)

「まぁ、革ベルトなら¥1500くらいでもありますが・・・時計は?」

「これやけどな、ベルトが切れたんや。」ポケットから出て来たのは


「ROLEX18金無垢/10ポイント」・・・パチ!

 

 

これの金色を想像してください。

「素晴らしい腕時計をお持ちですねぇ。このベルトなら100万くらいですか」(^_-)-☆

「いや、これは偽物やで。あんたそんな事も判からんのか?」

「いえいえ、見たら直ぐに判りますが、でもこれに革ベルトでは余りにも変ですが」(;^_^A

「ええのや。今日持って来たのは偽物やからな。安かったら何でもええね」

「と、言ってもこの腕時計に革ベルトでは余りにも変ですよ」

「でも、あんた今、金属は¥5.000言うたやないか?安い革ベルトでええわ」

と言うことで黒い薄っぺらのカーフのバンドに決定。かなり変な時計に変身することになります。こちらが交換している間に色々話しかけて来ます。

「今、その時計買ったら、なんぼくらいや?」

「はぁ、これですか?オークションで¥5.000くらいから、あるのじゃないですか?」

「誰が偽物の話してるねん!本物やがな!100万はするやろ?」

「100万では中古も買えないですねぇ。中古でも150万くらいでしょうか?」

「そうかぁ〜150で買えるか・・・そんなバンド換えんと本物買う方が早いか・・」

(何、言ってんだ?このおっさん!)

「その150万のロレックス見せて貰おうか」(はぁ〜〜?)

「ウチはロレックスは置いて無いですが」

「何や、ロレックスも置いてないんか。折角、買おうと思ったけど無かったら、しゃぁ〜ないな」(絶対に買わないと思いますが・・・)

「取り寄せれば2・3日で入りますよ。では注文しておきますね」

「えっ!いや何もそんなに急いでは無いからなぁ、来月にしとこか」

「でも、お客様の様な方が偽物では、おかしいですよぉ〜!」

「そやろ。こんな偽物はめてたら正直、恥ずかしい限りやしな」

(Date Just風に薄い革ベルト付ける方がもっと恥ずかしいです!)Oo。。(_ _))

「まっ・・まぁなぁ。それもそうやけどな。そんなん言われたら欲しなってきたなぁ〜!1本買っておくかなぁ。まぁでもな!来月や!今月は辛抱しておくわ」

「ハイ、お待ちしております。ではこれでベルト交換できましたので¥1.500頂きます」

「それ、なんぼかマケられんか?」(値切るんかいな!)

「それでしたら何も革ベルトに交換しなくてもこの、ベルトを直しましょうか?それなら¥500で良いですけど?」

「あかんあかん!それ偽物やからピンが直ぐに外れるんや。またピンが外れて腕時計ごと落としたら勿体ないがな!革バンドの方が安心出来るわ」(本物を買おうって方が、そんな発想するか?)

店を出ながら独り言の様に「(そうかぁ・・・150万で、あるんか・・・来月やな・・)」

将来は分かりませんが・・・先ず来月の購入は100%無い!

だって・・この方、金無垢ロレックスだなんだ大きな事言ってますが・・・手に提げてるヨレヨレの紙袋の中身。それに体の汚れ方から・・・どう見ても!

 

 

ホームレスですからぁ〜〜!

 

それに、入って来たときから・・時計までが・・・

 

 

プンプン臭ってます〜!

後で椅子の掃除と手荒いが大変でした(;_;)

一気読み次は「先にお待ちの方が」へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」