まけてよぉ〜!

「2005年7月26日」 

先日50代と見られる女性のお客様が来店されました。腕時計のご購入ですが「安い腕時計」をくださいと言う事です。

安いと言われましてもお客様の値段の価値観が、分からない以上はやはり2万円くらいからお勧めするしかありません。

「これなどは如何でしょうか?」

「これ¥25.000って書いてあるやん!ビックリするわ。もっと安いの無いの?」

それではと¥9800の腕時計を見せます。

「もっと¥1000くらいのは無いの?」

「それはいくら何でも無いです。(;^_^Aスーパーのレジの横にならありますよ」と目の前のディスプレーを指します。(私の店の目の前にスーパーが¥980の腕時計を大量に吊っています)

「あれは玩具やん。時計屋さんの、ちゃんとした¥980の腕時計ください」

そんな無茶苦茶なぁ〜!ある訳ない。(;^_^A。なんだかんだで¥6.800の腕時計をお買いあげ頂き、ベルト調整も終わってからお会計です。

「税込みで¥¥6.800になります」

「え〜っと、ちょっと待ってね・・・とりあえずは、これ6000円ね」と千円札をまとめてカウンターに置きます。

「さてと・・・あと¥800が有ったかな?・・・無かったらまけてよね!」(”まけて”は関西では値引きしてね、ですか。)

「とりあえづは100円玉が・・・・いち・・にぃ・・・さん」どう見ても財布の中には小銭で800円は入っていません。

「次が10円玉が・・・いち・・・にぃ・・・さん・・・。おにいさん。これだけしか入って無いわ、まけてよ!」

「全部で6.460円ですか・・・困りましたね・・・」

「財布に入って無いのに、どうしようも無いやん。無理して¥6800の時計、奮発するのやからまけとき!」

「いやぁ・・・それは無理ですね」

「ほな、仕方無いね。諦めるわ。残念やわぁ〜、せっかく買おうと思ったのにね。堅いこと言われてまで買いたくもないしね。また何処かで安いの探すわ。おじゃま様!」と、小銭を片づけ始めます。

そこで私は気が付いた!

「あの〜お客様。こちらに置かれた千円札ですが。

7枚置いてあります!足って良かったですね!」

「では¥7000お預かりですから200円のお釣りですね。有り難うございました。m(..)m」

お客さん慌てます。「あの〜¥7800の腕時計は無いの?」「無いです」

それ有ったとしても、この状況からどういう展開に持って行く気なの?

一気読み次は 「待ってるよ 」へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」