目覚ましのアラーム

「2006年1月27日」 

先日、目覚まし時計を売りました。何でも高校生の息子さんが中々起きてくれないと言うことで”とにかく音の大きな目覚ましを下さい”ということでした。

「では、これなどは如何でしょうか?」

「ちょっと鳴らしてみて」

じゃぁ〜〜ん!!!

「凄い音ね・・・ビックリした!」

「ハイ、私どもも”別名非常ベル”と呼んでいまして大音量ですね」

「では、それ頂戴、動かして目覚まし7時に合わせておいてね。それと6時40分の電車に乗るから急いでね。」

「ハイ、わかりました。」

と、動作確認しながらお客様の質問に答えたり、息子さんの愚痴を聞きながら箱に入れてお渡し。

「有り難うございました。m(..)m」

と、帰られたのが6時30分。

そこで気が付いた!

あれ?・・・・ひょっとして・・・

確かにスヌーズのスイッチ”ON"にしたまま渡してしまった様な・・・・

って事は・・・あの大音量が電車の中で響き渡っている・・・(〇o〇;)ギクゥゥゥ!!

目覚ましのセットが”7時”。6時40分の電車・・・

一駅なら電車の中では鳴らないが・・・今日に限って降りる駅を伸ばして親戚宅へ用事もありえる・・

一駅で降りてもバスに乗り継いでいたら・・・自転車に乗り換えならビックリしてひっくり返っているかも・・・歩きでコンビニでも寄っているか・・・色々な想像が巡ります。

そして翌日・・・・

昨日の奥さんがやって来ます(〇o〇;)

やっぱり!クレームだ・・・・

ツカツカ!っと入って来ます。

「申ぉ〜〜し訳ございません。m(..)m

気をつけた積もりが」

「何が?」

「はっ?・・アラーム・・・鳴ったでしょう?」

「何で?」

「奥様、どちらにお住まいで?」

「一駅向こうよ」

一駅・・・なら電車の中では鳴っていない・・・では何故また本日、ご来店・・

 

 

「鳴るも鳴らないもね、あの目覚ましね。昨日、電車の中に忘れたのよ。息子に叱られるし4.000円パァ〜よ!同じのもう一つ頂戴。

これは想定外。

って事は・・・昨日の午後7時。

電車の中で所持者不明の謎の荷物から

突然、非常ベル音が!・・・

そして止める者は誰も居ない・・・

電車の中はパニック!?

思わず地元紙の三面記事を見ましたね。

 

一気読み次は「せっかちな人」へ。