目覚まし

「2006年3月12日」 

先日、50代と思われる女性のお客様が来店されました。

店に入るとゆっくりとした動きで目覚ましコーナーの前に立ちます。そして微動だにしないで、じぃ〜〜っと。1点を見つめています。1分くらいそのままなので。

「いらっしゃいませ!」

「あの・・・・・目覚ましはどれですか?」

「はぁ?、この目の前の全てが目覚ましですが・・・」

「ああぁ・・・そうなの・・・・」

「どの様な目覚ましをお探しですか?」

「鳴るやつが良いです」

「はぁ?・・・鳴るやつ・・・ですか・・・?」

「これなど、如何ですか?今はやりの電波時計ですが」

「・・・・・?・・・・・・・・・」

何かテンションがメッチャ低い方だな・・・・。電波はややこしくなりそう。

「電波では無い簡単目覚ましで、こちらなど如何でしょうか?」

「・・・・・・?・・・・・・」

じぃ・・・・・っと。目覚ましを見つめて反応なし・・・。そっか!「鳴る」って事を言ってないからか?

「これが一番安い目覚ましですが”鳴る目覚ましです”」

「それください・・・」

「では、もう動かしておきますね」

と、言うと黙って財布からお金を出してカウンターに置いています。

「ハイ、どうぞ!もう時間も合わせておきましたからね」ニコッ(^_^)

と箱に入れてナイロン袋に入れてカウンターの上に置きます。

「鳴ってないです・・・・」

「はぁ、・・・あの〜時間が来たら鳴りますが・・」

と、箱から取り出してアラームをセットしカウンターの上に置きます。(電子音でだんだん大きくなるタイプ)

ピッ・・・ピ、ピピピ・・(と、鳴り始めます)

 

鳴ったままの状態で

無造作にナイロン袋に押し込んで

ゆっくりと帰って行った・・・

それだけの話ですが・・・

私としては、そのまま終われば

オチが付けられないので困ります〜!・・・(;_;)(オチが無いのがオチとなりましたm(..)m)

受験期ですが”オチ無い”といった話と言う事でお許しを(;^_^A


一気読み次は「時計屋」