開店時間

「2006.2.17」

私の店はスーパーの中にありますから店自体にシャッターはありません。

よくある”ネットを張って”閉店です。
よって開店はネットをカーテンの様に開けるのみ。

これで開店です。

10時前は、ネットを50cmほど開けているのみです。
これは自分が入った為に出来た隙間ですね。
スーパー側からの電気が差し込んでいますから、
PCのみ電源を入れて開店の準備とメールチェックをしていました。
店の天井灯を点けると開店しているように見える為にギリギリまで点けないのですが。

そこへ、先日から”エコドライブの秒針が2秒飛びます”と、
時計を預っていました、お爺さんが時計を取りに来ます。

”単なる充電不足”と言っても納得頂けないのでお預かりしていたのですが。

預かっても何もする事はありません。光に当てるノミで正常運針に戻る訳ですから。

そこへ、まだネットも開けて開店していないのに隙間から爺さんが入って来ます。

「直ったかぁ?」

「ハイ、直りましたよ」

「何処が悪かったんや」

「単なる充電不足です」何度か同じ問答の繰り返しをして、やっと。

「そうか・・・そんなものか」

「ほな、いくら?」

「いくらって、何もして居ませんから料金は頂きませんから、ご安心を」

「何もしていない、って。何もしてくれへんかったんか!
直してくれって頼んだのに。」

「いえいえ、何もしようが無いですから」

「何かしたならお金が要るやろ」

ええ〜い。話がややこしくなってきた。
こういった時は私も接客業の端くれ。こちらのパターンに持ち込みます。

「ところで、このベルト痛みが激しいですから、交換しましょうか?」

「ほんまやなぁ、この革バンドは着け外しが難儀やから金のバンドにしよか」

「では、こちらなど如何でしょうか?」と三つ折れタイプをお勧め。

取り替えが終わって。

「ハイ、出来ました。では3.200円頂きます」

「あっそ。ご丁寧に直して貰って有り難う」

私はバンド代を頂いた。

それ、だけです。

直していません。

(何て言えばまた厄介になりますが)

上手いことごまかせ?ました。

そんなやり取りをしている間に、次の主婦が入って来て”電池交換お願い”と待っています。
店って人が混んでいたら入りたくなるのが人間の性。

そこへ、お爺さん帰らずに店の腕時計を見ています。

まだネットも開けていない店に、次から次へと5人も入って来てます!

前を通る人もネットが閉まったままで、まだ電気も点いていない店の中に。
5人も客が居るのでのぞき込みます。
私もまだスーパーの庶務課へ”釣り銭”さえ、取りに行ってません!

電気を点けるには10mくらい向こうまで行かなくてはならないので簡単では無いのです。

お客様には「細かいのありますか?釣り銭が来て無いのです」

そして10時30分。5人目のお客様が出た直後に。
スーパーの店長さんが飛んで来ます。釣り銭袋を持って。

「○○さん!何してんの!
開店時間を30分も過ぎてるのに釣り銭も取りに来ないで!
まだ電気も点けていなじゃないの!
困りますよそんな事では!」

「いえ、開店してないんじゃ無いっすよ!本日の予算はもう達成しましたから。

只今、閉店した所ですわ。」

「何じゃぁ〜それ!そんなアホなぁ〜!」

と、後で状況を解説。

店長さん「なるほどねぇ〜、そんな事もありえますよね。
そんな日に限って開けてからのお客さんは”ゼロ”だったりして?(;^_^A」

「はっはっはぁ〜〜! それって笑えますよね!」

って・・・・

 

 

 

雨模様とはゆえ、

その通りに。

なったじゃないか!(;_;)

今日は10時30分で家に帰ったのも同じ結果とは・・・毎日、更新が出来る訳だ。

 

一気読み次は「電池交換」へ。