せっかちな人

「2006年2月2日」 

先日、電池交換をしていると腕時計カウンター方に人の気配を感じます。

ふと顔を上げると40代と思われる事務服を着た女性が立っています。

「いらっしゃいませ」と座ったまま声を掛けますと。腕時計カウンターに手を置いて。

「これ下さい」

「はっ?、腕時計ですか」

「違います」

「これです」

「これです。たって・・・」

カウンター指さして、”これください”と言われたら腕時計と思います。

キズミを外して、立ち上がってカウンターを見てやっと分かりました。

ん?

「ああ、クロック用電池ですね」

「いくらですか?」

「300円です」

「領収書下さい!」

せっかちですね・・・・というか余程、領収書をいつも忘れて叱られる?

「ハイ、分かりました」と、電池を引き出しから出していると。

「領収書下さい!」

「ハイ、レシートでは無くて領収書ですね」

「ハイ、領収書です。ください」

そんなに焦らなくても・・・まだ電池も渡していないのに。

「領収書下さい!」

ええい、もう。こうなればと電池よりも先にと、目の前で領収書を書きます。

「お名前は?」

「○○株式会社でお願いします。」

と、領収書をお渡し。これで”領収書・領収書”とは言わないだろう。

そして電池をお渡し。

「ハイ、でわ300円頂けますか」

と言うと始めて財布を出してきます。小銭を入れるところをかき混ぜながら。

 

「すみません。お金が足りませんから出直して来ます。

と帰っていった・・・

 

何じゃぁ〜〜!それは?( ̄○ ̄)

それはもう”せっかち”と言うよりも、ギャグのレベルでっせ!

 

一気読み次は「7時のアラーム」へ。