靴下

「2006年3月7日」 

先日、店でカウンターの中で定位置に立っていますと、おばあちゃんが入って来ます。

良く肥えた方で歩くのも辛そう。歩き方も足を引きずる様に半歩ずつ滑らせるように歩いています。

両手には手提げ袋を持って。

「よいっしょ、よいしょっ!。あ〜、しんどぉ」

「いらっしゃいませ!」

「はいはい、ちょと座らせてね」

「ハイ、どうぞ!電池交換ですか?」

「まぁ、ちょっと座らせてよ。あ〜、しんどっ!」

と言いながら、店の一番奥の接客用の低い机の前に座ります。その位置はこちらとしてはカウンターを出て行かなければならないので、カウンターを回っておばあちゃんの前に行きます。

”電池交換ですか?”と言おうとすると。

「で・・・」

おばあちゃん”ばぁっと、スカートを捲り上げます”(☆。☆)

「よいしょっと!」

スカートの下から肌色の大根おみ足が現れます!

しかし、良く見ると肌色のタイツを履いている・・・
そして手提げ袋から茶色の”靴下”を出して来ます。

「ちょっとお兄さん!そんな場所でじっと見られたら恥ずかしいでしょう」

「おっと!、これは失礼致しましたm(..)m」

と、私はカウンターの中に戻ってパソコンの前に立ってキーボードを叩きながら。

「整いましたら言って下さいね」(¬¬)

「はいはい、よっこらしょっと!。よいしょ、よいしょ」

と言いながら靴下を履いています。

2分くらい掛かって、作業も完了。

「はぁ〜、やっと履けた。あ〜、しんど。」と立ち上がります。

カウンターまで歩いて頂くのも、お辛いでしょうと、こちらカウンターを回って出てみると、おばあちゃんが手提げ袋持って出て行ってる・・・・?

後ろ姿に向かって・・・

 

あっ・・・りが・・・

 

たくないわぁ〜!
(ノ-_-)ノ ~ ┻━┻

最初から「靴下履くのに場所貸してね」と言ってくれぇ〜!

 

一気読み次は「目覚まし」