SEIKOでスタート!

以前にも紹介した包装紙ですが、店も閉めますから不要品は処分していきます。

本日オークションに出品!

さぁ、いくらで落札されますか?終了は14日(日曜日)19時です。

ピッタシ当てた方には

この腕時計差し上げましょう!落札価格は想像も付きません。

よって応募は私のメールボックスに「5月13日」の日付で届いたもののみ受け付けます。

100円くらいにはなると思うが・・・(v_v)

応募メールはこちら

以下はサイトで紹介の内容。

SEIKOでスタート!

これが何か分かる方が居ますでしょうか?1975年の意味ですが。
その当時、アメフトチームのマークをデザインしたバックやTシャツが流行りました。

こういったフォントの数字が入った、厚紙で出来た鞄も流行りましたね。
1975年当時。
紙ですがホックが付いて厚み5cmくらいのハンディーケースでしたか。

今回の紹介はハンディーケースではありません。

 

昔、セイコーのテレビコマーシャルは

「セイコーでスタート!」といったキャッチで宣伝していました。

私の不確かな記憶では、あの「セイコー”5”」の頃ですか。

テレビは、まだ白黒だった頃の様な・・・・・

これは現在の”非常口のイラスト”ですが、これに似た構図で。
真っ黒なテレビ画面で。

コマーシャルが始まると「♪〜セイコーで!スタァ〜ト!」と音楽が流れて、そのあと。

「チャッ・チャッ・チャッ!」という音と共に、この様な白抜きの人影が3カットくらい切り替わって走っているように見える、セイコーのコマーシャルが流れたのを覚えています。

それから数年、セイコーは「セイコーでスタート」ってキャッチを使っていました。

1975年頃もまだ使っていたのだと・・・1975年、今から31年前ですか。時代は自動巻からクォーツ腕時計に流れていく頃ですね。

この写真が何かと言えば。

以前に「オークション話」でも、いずれ今の店を閉めて父の店を継ぐ予定であると書きましたが、その為に家の倉庫を片づけておかないと思って整理していたら、親父が
「粗大ゴミ、出す」と書いて置いていました。

 

ジャン!

 

 

これ、何と。当時のセイコーの”全紙サイズの包装紙”です。

もちろん黄ばんでいますが今でも使えそうなレベル。

捨てるのも勿体ない気がして店に持ち込み撮影しました。

いやぁ〜、懐かしい気がします。小さいときこの包装紙で掛け時計を50個、包装させられた記憶が・・・。あの頃は景気が良かったのだなと。

これを「ヤフオクに出品」したら値段がつくのだろうか?なぁ〜んて考えますね。

珍しい物が出てきたので、ちょっと紹介でした。m(..)m

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」