電池交換や時計修理に必要な工具

「スクリューバック用工具」2004年7月(記述)

腕時計の裏蓋スクリューバック

「腕時計工具」こちら別サイトでも詳しく解説しています。
腕時計電池交換・時計修理」の受付案内

腕時計の電池交換には必ず専用の工具が必要になります。
腕時計の裏蓋には「スクリューバック式」「はめ込み式」「ネジ留め式」があり。
スクリューバック式は腕時計の電池交換の時、裏蓋に厚みがあってネジが切ってあります。
「ネジ構造」の物を開ける訳ですから、時計を固定するバイスと。
裏蓋を回転させるスクリュー用オープナーが必要です。

スクリューバックの腕時計開閉工具

殆どのスクリューバック式は、左端のバイスで作業しますが
G-SHOCKなどの厚みがって大きい腕時計は中央のバイスを使用します。
右のオープナーはどのようなスクリューバックでもこの工具で開けます。

スクリューバックの開閉は工具を滑らせると裏蓋を傷つけます。
私の経験からはスクリューバック式の70%は簡単に開きます。
ある程度の力は必要ですがメンズウォッチのスクリューバックは
女性では回せないくらいの硬さで締まっております。

腕力も必要ですがやはり”コツ”も必要です。
堅い腕時計の蓋は腕力のみで開けようとした場合、腕時計を傷つけます。
その場合は私らは自作の補助工具を使いますが、怪我の元ですから紹介は省きます。

「はめ込み蓋の工具」 と「ネジ留式、裏蓋用工具」

腕時計の裏蓋”はめ込みタイプ” 4本ネジの腕時計の裏蓋精密ドライバーで開けます。

このタイプの裏蓋は押さえて”はめ込む”タイプの蓋を開ける訳ですから。
こじ開ける工具「こじ開け」を使用します。
下記写真(持つ所が茶色と黄色の工具)。
裏蓋を閉める場合は指で押さえて閉めますが、閉まらない場合が多くあります。
その時にはプレス工具が必要です。(下記写真3番目)
”はめ込みタイプ”の腕時計開閉工具

写真、左の茶色い工具で”はめ込み式”の90%を開ける事が出来ます。
中央の黄色い工具は”開け口”の小さい腕時計や薄型の腕時計に使用します。
(もっともサビも無く、汚れが開閉に影響が無いレベルの場合ですが)
そ の横のプレスする工具は、指で押さえても閉まらない場合に使います。
ただガラスの破損と隣り合わせの危険な作業になります。
一番右の写真で、上の工具は「GUCCIのバングルタイプ(1100L)専用」です。

右端の下側の工具は同じく”こじ開け工具”ですが
裏蓋を横から水平に突けない場合に使用します。
ただ使い方を間違えた場合「裏蓋を変形させる事と隣り合わせになります」
これも危険な工具なので私はなるべく使わないようにしております。

 


裏蓋を開けると全てのタイプで「精密ドライバー」「ピンセット」は必ず必要になります。
こういった 腕時計の修理専用工具 は2005年の今、需要が多い為か
楽天でも普通に売られているのには驚きです。

次は「スクリュータイプの修理工具の使い方」です。
2017.6.13修正