腕時計の電池交換修理スクリューバック(ねじ込み式)

これがスクリューバックの裏蓋です。
スクリューバックの腕時計を電池交換をする時に必要な工具が”オープナー”です。
またオープナー使うために腕時計を固定する”バイス”が必ず必要です。
この工具の使い方については別のコーナー「腕時計のメンテナンス修理工具」
詳しく解説しています。
そしてスクリューバックの裏蓋回すには固定する「バイス」(写真右)が必要です。

スクリューバック開閉用工具解説

先ず □(紫)のハンドルで「→」の方向の爪を開いて
「腕時計のケースの長さに調整します」。
次に○(青)のハンドルで「腕時計の横幅を調整します」

スクリューバックの腕時計電池交換修理・工具にセットスクリューバックの腕時計開閉作業

左が腕時計をバイスにセットした状態。右の”オープナー”で裏蓋を回します。

 

この様に工具の爪を裏蓋の凹みに合わせて回して開けます。
簡単そうですが慣れないと、この作業は難しいです。
また、この”コツ”は写真では伝える事が出来ません。
工具については「腕時計工具」別サイトでも詳しく解説していますから是非ご覧ください。

次は「”はめ込む”タイプ」の工具の説明です。

2004年7月(記述)2017.6.13修正