セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T電池交換修理

セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T

セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T電池交換修理です。
ガラスはサファイアガラスですからキズも無く綺麗です。
この腕時計のベルトの開き方はバックルから外します。

セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T裏蓋セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T裏蓋の裏

ベルトを開いた所で電池交換の作業に入ります。
裏からみればケース周辺部に、かなりサビが浮いていますね・・。
”はめ込みタイプ”のフタを開けると、この様にパッキンがボロボロ。

セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000Tムーブメントセイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T竜頭

ケース周辺部も、かなり錆びています。
パッキンがかろうじて内部を守っていた感じがよくわかります。
これはまず、サビを落とさないと電池交換も出来ません。 先ず竜頭を抜きます。

セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000Tスペーサーセイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T文字盤

スペーサをつまんで外します。 この状態で時計を返せば文字盤とムーブがポロリ。
この様に取り出してみて文字盤までが錆びたり汚れている物は
殆ど動かないですが、これなくらい綺麗なら丈夫でしょう。

セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000Tケースセイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000Tムーブメント拡大

何とかこの程度まで綺麗になりましたが、掃除に20分費やしました。 (;_;)
電池交換は5秒くらいで終わりますが、清掃というのは手間の掛かる作業です。

 

セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000T裏蓋記載セイコー腕時計マルチファンクション8M11-6000Tガラス

あとは腕時計のリセットを行ってから、時刻合わせ。
おっと”このカーブ・サファイアガラスは”レンズ”になっていました。