セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010電池交換修理

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010カレンダー

1979年製造のアルバスタンダードY504-8010電池交換修理です。
電池交換の為にはベルトを開かないと作業が難しくなります。
この腕時計のベルトの開き方はバックルから外します。
方法は一番下のリンクから「バックルの外し方」を。
ベルト調整をされる方は「板バネ式」をご覧ください。
ベルトを開いた所で電池交換の作業に入ります。
カレンダーが切り替わるところで止まっていますが。
このままで電池交換するのは良くありません。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010文字盤セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ラグ部

カレンダーは切り換えてから作業開始です。 写真のこういった錆び方は中身の想像が出来ます。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010裏蓋セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ムーブメント

裏からもこのベルトの取り付け部を見ると凄いですね。
ここは汚い物を見るのが嫌いな方はパスした方がよさそうです。(;^_^A
さぁ、開けると想像どうりかなりの状態。
"SR43SW"この電池が入ってる事自体が年代を感じます。
2005年現在では主流の電池は大きさも厚みもこの半分です。
20年間でムーブと電池双方の進化が見て取れますね。

先ずはムーブを取り出してケースの掃除をしないといけません。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010竜頭セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ケースサイド

竜頭を抜きます。本来ならこの時点で、写真右のように裏返せば
簡単にムーブが出てきますがビクともしません。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010スペーサーセイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010スペーサー

スペーサまでが錆ついていますね。ピンセットで起こして外します。
本来は摘んで簡単に外れるものです。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ムーブメント取り出しセイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010文字盤

ハイ、出ました。文字盤は綺麗なものです。
まず動作確認しないと掃除する意味が無いですから。 この状態で電池交換しましたら動きました。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ケース内部セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010竜頭抜き

ではケースの掃除をしていきましょう。かなりの錆ですから、これは掃除のし甲斐があります。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010パッキンセイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ラグ部

パッキンはもうダメですから後で交換します。 ラグ部は特に凄い状態です。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ケース内掃除セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ケース内サビ

20分掛かって掃除してもこの程度です。
錆びないはずのステンレスがこの状態にまでなっています。

セイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ムーブメントセイコー腕時計(SEIKO)ALBAアルバスタンダードY504-8010ムーブメント拡大

これでもかなり掃除した方です。 こうやって拡大すると”金属の歯車”が見えます。
アルバと侮れないムーブです。
25年経ってこれだけ錆びてもOHしないで、ちゃんと動きました!
この頃はアルバも日本で作っていた訳ですから当然か。

 

セイコー腕時計電池交換トップに戻る