SEIKO腕時計(セイコー)シャリオChariot6431電池交換修理

シャリオChariot6431

シャリオChariot6431電池交換と針直しです。写真ではわかりにくですが秒針が長針に引っかかっています。

ベルトは既製に交換されていますがエバーバンドという伸縮タイプ。この伸縮タイプは”エバーに限って”はこうやってクルリと。

裏返す事が出来るのが特徴。開け口はココですね。

これがムーブメント。このクラスの腕時計にしては金属で重厚なムーブメントですね・・・やはり古いクォーツは作りが良いです。電池交換は電池格納部に電池が乗っているのみですから簡単に交換出来ます。問題は針の干渉ですから、ムーブメントを取り出します。

 

秒針の先端が引っかかっているのが分かります。修整して秒針が長針の上を通過するのが良く分かります。

セイコー腕時計電池交換トップに戻る