SEIKO腕時計(セイコー)Chronos-8123-7080電池交換修理

Chronos-8123-7080

Chronos-8123-7080電池交換修理です。

Chronos-8123-7080バンドChronos-8123-7080裏蓋

ベルトはオリジナル、板巻きステンレス三つ折れバンド。ベルト調整は”板バネ”ですか。裏蓋は”はめ込みタイプ”

Chronos-8123-7080竜頭

竜頭が固まっていますね。開け口もサビで分かりません。

Chronos-8123-7080ムーブメント

大まかにサビを落とします。この作業をやらないで開けられると、本来動く時計までがダメになります。ムーブメントは完全に湿気ています。

Chronos-8123-7080電池格納部

電池格納部は問題なしですか。この頃のクロノスって確か2〜3万くらいですが「石」が見えます。今の2万円のムーブメントに、こんな赤いルビーは見えませんね。裏側からみれば問題なく見えますが。

 

抜いて見ましょう。竜頭パイプはボロボロ。如何に竜頭から湿気が伝わってきたか物語っています。竜頭パイプの掃除の重要性が分かりますね。


文字盤&ムーブメントも取り出して。

サビをおとしますが、ステンレスケースが凸凹になりました。

この状態でも動く訳ですからセイコークォーツ恐るべし。

実際、腕時計をこの様な状態で使う方に、内部を見せてOHを進めても反応はありませんね。”動かなければ捨てる”って方ばかりです。

このムーブメントならOHしておけば、10年後でも動かせるムーブメントなのですが。

セイコー腕時計電池交換トップに戻る