セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150電池交換修理

セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150

セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150電池交換修理です。ちょっとコルムを意識したデザインか。電池交換の為にはベルトを開かないと交換作業が難しくなります。

セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150文字盤ロゴセイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150文字盤キャリバー

文字盤のギョウシェ模様が綺麗です。写真が悪いですが文字盤の模様が綺麗な腕時計です。

セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150全体セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150バックル

電池交換の為にはベルトを開かないと作業が難しくなります。この腕時計のベルトの開き方はバックルから外します。バックルにもネームがあります。

セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150裏蓋セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150開け口

ベルトを開いた所で電池交換の作業に入ります。裏蓋は”はめ込みタイプ”あけ口もわかりやすく。

セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150オープンセイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150ムーブメント

あけると金属の耐磁防止プレートが見えますが乗せてあるのみ。

腕時計の裏蓋を開けるとケースと裏蓋の密着部が必ず汚れています。ここは普通は掃除が出来ないですがもし自分で開けることが出来れば掃除することが出来ます。

 

ケースの掃除は本来は竜頭を抜いてからムーブメントを取り出して行うものです。ただ慣れていないとリスクが付きものですからせめて綿棒にアルコールを染み込ませて軽く拭き取ってください。

それだけでも裏蓋周辺がいつも湿気ているといった腕時計にとって最悪の環境から守ることにもなります。電池交換は簡単でした。

セイコー腕時計(SEIKO)ドルチェDolce8J41-6150ムーブメント拡大