SEIKO腕時計(セイコー)ハイブリッドH357-517B電池交換修理

ハイブリッドH357-517BハイブリッドH357-517Bロゴ

ハイブリッドH357-517Bの電池交換修理です。ベルトは既製品に交換されています。クォーツのマークが懐かしい。

ハイブリッドH357-517B開け口ハイブリッドH357-517Bキャリバー

さぁ、開けようと見たらこの状態。これは手強そう。兎に角はこのままでは開けることさえ出来ません。これがキャリバーですが固有番号から先日紹介の”1981年製”ですね。

ハイブリッドH357-517Bラグ部ハイブリッドH357-517Bムーブメント

ベルトを外せばもう綿棒でどうのこうのといったレベルではありません。よってこじ開け工具で汚れを削ります。このメンテナンスの様子は「ハイブリッドH357-517B」で。内部はまではダメージが無いようです。

ハイブリッドH357-517B竜頭ハイブリッドH357-517B文字盤

先ずは竜頭抜きます。竜頭も錆びて欠けていますね。ムーブメントがポロリ。

 

ハイブリッドH357-517BボタンハイブリッドH357-517B裏蓋

プッシュボタンが当たる所も錆びています。ケースと竜頭を超音波洗浄機で洗っている間に裏蓋のパッキンを取り外して掃除します。

ハイブリッドH357-517B竜頭裏側

洗浄機で洗ってここまでにはなりました。

ハイブリッドH357-517Bケース裏側

ケースも洗浄。ムーブメントを戻してやっと電池交換が出来ます。

ハイブリッドH357-517B電池交換ハイブリッドH357-517B表示確認

ん・・SR927SWが出てきました。問題は無いのですが本来は”SR927W”ですね。ハイ、表示確認とアラーム。ボタン操作も確認して完了ですね。この後の竜頭操作によるデジタル合わせは厄介です。暴走しますからね。(v_v)

セイコー腕時計電池交換トップに戻る