セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080電池交換修理

セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080裏蓋

セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080電池交換修理です。1980年代の腕時計ですから今や懐かしい感じすらします。この頃でしたかセイコーが自社名よりもブランド名を前面に押し出してきたのは。文字盤の「The Laegue」がSEIKOの文字よりも大きいです。裏蓋は”はめ込みタイプ”です。

セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080竜頭セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080開け口

ケースの竜頭周辺が腐蝕して欠けています。開け口は9時位置。

セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080ムーブメントセイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080ムーブメント拡大ムーブメント拡大。

 

セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080竜頭周辺セイコー腕時計(SEIKO)The Laegueリーグ2628-6080秒針

この腐蝕の仕方は、おそらく竜頭が埃で固まったが為に時間合わせが出来ない。そこでペンチか何かで操作した他面にケースのメッキをキズ付けた?。そういった所から腐蝕が始まったものと思われます。スモールセコンドの秒針。このリーグは全モデルが”サファイアガラス”でしたからキズも付かないで綺麗なものです。

セイコー腕時計電池交換トップに戻る