SEIKO腕時計(セイコー)ORIENT SWIMMER C252 電池交換修理

ORIENT SWIMMER C252

ORIENT SWIMMER C252電池交換です。

これが文字盤キャリバー。ベルトは板巻きバンドの三つ折れバックル。

裏蓋は4本ネジで留めたタイプ。これで10気圧です。これがキャリバー。

このタイプ古くなればネジがサビて裏蓋を開けるために回すとネジの頭が折れます。この腕時計も写真左側の2本と右1本で留まっていました。

 

先ずは裏蓋とケースの接点を掃除します。○の箇所、ケースメッキの剥がれが目立ちます。

電池格納部をチェックします。新しい電池を入れても動きませんでした。パッキンも完全に伸びています。この腕時計の修理にOH7.000円を掛けるかとなれば、やはり買い換えとなりました。

セイコー腕時計電池交換トップに戻る