雑貨ウォッチ腕時計/BIVOUAC デジタル電池交換修理

BIVOUAC デジタル

BIVOUAC デジタル電池交換メンテナンスです。安っぽい文字盤。表示が薄くなっています。

BIVOUAC ・・・何と読む?何でも良いから英語を書いておけば、それらしく見えるかって感覚ですね。

如何にも薄っぺらそうな裏蓋。10気圧かけたら凹んで変形するでしょうね。
これがムーブメント。電池押さえに”糊(ノリ)”の様なものが見えます。これ普通はムーブメント全体にシールが貼ってある為ですが、前の電池交換の店が剥がしていますね。まぁ、無くても問題はないのですが。

そのシールを剥がそうとしてムーブメントごと飛び出させてスプリング無くす訳です。次に電池交換する人の為には剥がした方が親切です。

 

ここから外します。こうですね。

電池は”CR2016”これが電池押さえ。

簡素なムーブメント、この中央の金属も乗っているのみ。下向ければ落ちます。そしてムーブメントも。また経験からこのムーブメントは電池交換で動かないものが多いです。

後日、情報提供があり修正文追加です。↓

BIVOUAC デジタル電池交換修理
http://mr-coo.com/battery/zakka/bivouac-digital.html
「シールが貼ってある為ですが、前の電池交換の店が剥がしていますね。まぁ、
無くても問題はないのですが。」に付いて。

以下、追加情報。

アラーム式のデジタルモジュールに貼ってあるシールは、電池+と裏ブタタ内側
に貼ってあるピエゾ素子とのショート防止用です。
シールが無いとアラームが鳴らなかったり、最悪は回路を壊す危険がありますの
で必須です。
(アナログと違いデジタルは中枠が無く、投げ込んだモジュールに付いている
(板、コイル)バネで裏ブタを押しているだけですので、ちょっとしたことでモ
ジュールが結構動いてしまいます。)

情報提供有り難うございました。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る