雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理

雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理裏蓋

雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて電池交換修理です。
BOSSウォッチを開けてみましょう。
裏蓋は「はめ込み」ベルトの糸がほつれていますので、後でベルト交換もします。

雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理開け口雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理ムーブメント

これが「開け口」。分かりやすいです。
こじ開けを差し込んで開けます。腕時計の裏蓋を開けるとケースと裏蓋の密着部が必ず汚れています。ここは普通は掃除が出来ないですがもし自分で開けることが出来れば掃除することが出来ます。

ケースの掃除は本来は竜頭を抜いてからムーブメントを取り出して行うものです。ただ慣れていないとリスクが付きものですからせめて綿棒にアルコールを染み込ませて軽く拭き取ってください。

それだけでも裏蓋周辺がいつも湿気ているといった腕時計にとって最悪の環境から守ることにもなります。

 

雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理ムーブメント拡大雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理サイド

ムーブはいかにも雑貨ウォッチ。さて、ベルト交換ですが、横から見てもバネ棒を突く為の穴がないですから。

雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理ベルト取り外し雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理ベルト外し

この位置から外します。

雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理ベルト取り付け雑貨ウォッチ腕時計BOSSウォッチを開けて見た!電池交換修理

はめるときは片方のバネ棒を差し込んで、片方をラグの上に乗せて、後は滑り込ますのみ。

ハイ!完了です。同じBOSSウォッチでも「HUGO BOSSウォッチSWISS電池交換修理」こちらは違います。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る