雑貨ウォッチ腕時計/Dash RE2013 電池交換修理

Dash RE2013

Dash RE2013電池交換です。Dash ですか・・・聞いたことが無い名前。
裏蓋のカバーもG-SHOCKを真似ていますが・・・イマイチ。

これがキャリバー?”G-SHOCK’"らしくは、作ってはいますが・・・

作りはファジー。G-SHOCKと同じようにサイドのネジを抜きます。

後は外すのみ。ここまでしか外れません?

どうやら紺色の”50M"と書いた楕円ですね。これがはめ込まれていました。

結構凝った事をしてくれます。当然外すと穴が空きますね。

裏蓋は4本ネジですが、G-SHOCKと比べると裏蓋が薄い事とネジが細い事が分かります。これがムーブメント。

何とスポンジのスペーサー。アラームの共鳴板が見えますが裏蓋が薄い素材であることも分かります。

めくったところ。貼ってあるのみ。

 

さて電池押さえを外しましょう。電池を横に抜き取ります。

そろっとネジを戻します。こういった腕時計は出来る限りネジは抜かない、緩めないですね。
スプリングも粗い事がわかります。こういうのって電池交換しても動く物は7割くらいですが。

表示しましたね・・・ELライトは?

点灯しました!電池交換完了です。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る