雑貨ウォッチ腕時計/Emporio-Armani-AR1008電池交換修理

Emporio-Armani-AR1008電池交換です。
Emporio-Armaniのマークがウレタンバンドに刻まれています。

腕時計がウレタンバンドに埋もれた面白いデザイン。
裏側からみればこうなっていますが、こういう構造のバネ棒を外すと取付が厄介になります。

横からみて両サイドの穴から突けばバネ棒は外れます。

裏蓋記載。開け口は横ですね。

これがムーブメント。裏蓋とケースの接点を拭きます。

ムーブメント拡大と電池格納部をチェックします。おや?竜頭を抜いている・・・この撮影2005.6ですが、この頃から竜頭抜き電池交換がひらめいたのか?

 

竜頭パイプをチェックしていますね・・・文字盤も取り出して。

竜頭パイプ内側もチェックしています。竜頭パイプは綺麗になりました。

と言ってもケースの洗浄まではやっていません。1年以上前の撮影ですから何を考えてこの作業をしたのか定かではありませんが、今の竜頭抜き電池交換の発想がこの頃から浮かんでいたのかも?

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る