雑貨ウォッチ腕時計/ENRICO ALLONI電池交換修理

ENRICO ALLONI

ENRICO ALLONI電池交換ですが”エンリコ コベリ”のパチ雑貨ウォッチ?
まぁ、こういう腕時計はパチとは言いませんね。単なる”ENRICO ALLONIって名前が付けられた時計”とでも言いますか。

カレンダーの雰囲気は良いですが、文字盤の文字プリンティングが簡素な感じ。
重厚な両開き無垢バックル。

ベルト調整は・・・・????何でも良いか!(;^_^A

裏蓋は”はめ込みタイプ”開け口は分かりやすく。

ただデザイン優先で作業するものの事は考えていません。
この状況でどうやって水平に突くの?そういった時、この工具が役立ちます。

 

これがムーブメント。MIYOTAですが電池が錆びていますね・・

電池格納部をチェックしますが問題は無し。バックルの片方が留まらないという事で。

こちら側には爪がありますから。パチン!と留まります。

こちら極めてすり減っていますから爪が殆ど無い・・。これはバックルのアームが重厚ではありますが素材が問題。カーブが簡単に変わってしまうと片減りする訳なんですね。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る