雑貨ウォッチ腕時計/Novita電池交換修理

novita電池交換です。みた瞬間に雑貨ウォッチと感じる腕時計ですね。この腕時計を普通の防水時計のように扱うとどうなるか?

文字盤には”novita”と書いてあります。角度を変えて見れば文字盤が浮いているのが分かります。湿気で塗装が浮いてますね。

文字盤の金属表面にサビが浮いて文字盤の塗装を押し上げています。つまり表側(ガラス側)ではなく文字盤の裏側から湿気が入っています。裏蓋は”はめ込みタイプ”ですが、まったく手入れされていません。

ラグ部もベルトを外したら汚れが良く見えます。裏蓋が完全に湿気ています。パッキンも入っていませんから当然ですが。

スペーサーの下がサビでグリーンになっています。電池の表面までが錆びています。

 

竜頭の下が錆びているのがわかります。これはさすがに動かなかったですね。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る