置時計ですが腕時計ムーブ

この状態で持って来られましたので、はっ?と思いましたが。

これは腕時計のケース部分を埋め込んだ物と考えれば分かりやすいです。


指で引けば簡単に出てきます。 こんな感じですか。


裏はこうなっています。 良く見るとこの様に「竜頭」が見えますので、まさしく腕時計。


まず、このゴムパッキンを外しますが、これは防水パッキンでは
ありませんね。 外すとこんな感じ、このゴムで時計が落ちないように留まっています。

 

あとは腕時計と同じ。この開け口から。中身はまさしく腕時計。

電池交換の後はこの竜頭を。この様に引き出して時間合わせ。


後は、またケースに押し込めば完了!   

雑貨腕時計トップ