正しい測り方

ベルトサイズは実際の腕周りより「1cm」以上、
違うと合っていないように感じます。
その為にも、なるべく正確な数字が必要ですが、
実際には「腕周り16〜18cmくらでお願いします」と
言った要望があるのですが、せめて「1cm」幅くらいでお願いしたいです。
メジャーをこう当てて
これが 、正しい測り方ですが。
「手首の骨の付け根の左側2cmくらい」
が正しい位置です。
(右手にはめる方は、右ですが)
あとは、「メジャーが軽く食い込むくらいが丁度」ですね。
こちらで、色んな方に測って貰ってみた結果。
「締め付けないで測ってください」というと、
ほとんどの方が0.5cm〜1cm大きく申告されました。
写真では「17.5cm」ですが。
これではダメ
斜めにメジャーを巻くと写真のように「18cm」になりました。
どちらが正しい寸法かは。時計の方を計測して調べてみますと。
実際はこう
この様に「私、自作のゲージ」に、はめてみると。
時計が「17.8cm」くらいの所で止まります。
彼は時計を「ピッタシサイズ」で、はめていますので。
腕周りが「18cm」なら、時計が食い込んでるはずです。
やはり「17.5cm」が正解のようですね。

つまり一番上の写真の様に
※「腕に対して垂直にメジャーを巻いて測る」
※「メジャーを食い込ませない程度に、軽く締め付ける」
※「手は自然に」
測る。です。
「拳をきつく握ったり」「目一杯、手を広げない」これも注意点です。

メジャーの代用で「紐(ヒモ)」を、腕に巻いて、
印を付けてから定規で測っても良いのですが、
メジャー以上に「食い込み」やすいですから
正確性に欠けるところがあります。(注意)

お知らせ頂く表現は
「16cmなら締め付ける感じで、17cmでは緩い感じがします」
なども、こちらには分かりやすい表現ですね。
基本は必ず写真の位置の「実寸」でお知らせください。
「出来上がりサイズ」でお知らせ頂く場合は、
この後のページをご覧ください。m(..)m

「腕周り16cmです」は、分かりやすいですが。
「16cmでお願いします!」これでは
「実寸か出来上がりサイズ」か不明です。

「お知らせ頂くのに一番分かりやすい表現」

「16cmなら締め付ける感じで、17cmでは緩い感じがします」
「0.5cm余裕を持たせて調整してください」

この表現なら、かなり正確な調整が出来るかも?(;^_^A

この「××cm余裕を持って」の、調べかたは次の「実際の調整」をどうぞ!