シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース電池交換修理1

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピースシチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース文字盤ロゴ

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース電池交換修理です。1990年代初頭の腕時計ですがそんな感じをさせないデザインですね。
”レパード”といった商品名です。もうこの頃になると”クォーツは当たり前”の時代ですから文字盤に”QUARTZ”の表記が無くなって来ました。

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース防水記載シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピースキャリバー

こちらには”CITIZEN”の文字と”100RESIST”かなり薄型の腕時計ですが10気圧耐えるのか?これがキャリバーです。

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース裏側

これが腕時計の裏側ですが、ワンピースケースを知らない方はビックリと思います。そう!”裏蓋が無い”訳です。この電池交換コーナーでも数々の例で、裏蓋とケースの縁が汚れているのを見られます。しかし、裏蓋が無ければ汚れようが無いわけです。

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース裏蓋記載シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース9時側

では、どうやって開けて電池交換するのか?裏蓋が無ければ当然、表から開けるしかありません。こちら9時側から見てもありませんし。

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース12時側12時側みてもありません。

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピース6時側シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピースガラス外し

こちら6時側から見たらありました。しかも5時位置です。ここからこじ開け工具を差し込みますと。ベゼル部分がガラスと共に外れます。

 

シチズン腕時計(CITIZEN)Leopard7933ワンピースオープン

軽くつまみ上げます。さぁ、ここから文字盤とムーブメントを取り出して電池交換です。続きは↓
Leopard7933ワンピース電池交換修理2続きへ

シチズン腕時計電池交換トップに戻る