SEIKO腕時計(セイコー)TYPEU4623-8010電池交換修理

TYPEU4623-8010

TYPEU4623-8010電池交換です。いきなり写真が逆さまですが(v_v)
「SEIKO」の文字がアップライトになっているところが懐かしい。
タイプUでもこれだけ気合いを入れて作っていた時代があったのだと。

TYPEU4623-8010裏蓋

水晶マークがアップライトで「TYPEU」の文字はプリント。
裏蓋は”はめ込みタイプ”ですが、電池フタが別の構造。

TYPEU4623-8010バックル

ただ電池フタですが汚れやパッキンが溶けてコインで回しても開かない場合が半分以上。
ベルトはオリジナル無垢バンド。
先日、この頃のオリジナルバンドが無いか問い合わせがありましたが、
メーカーの在庫期限は約10年。これなどは軽く20年以上前の商品ですから流石にありません。
どうしても探すならオークションを気長にウォッチングするしかないですか(v_v)

まずは裏蓋を綺麗にしてから。電池フタをコインで回してみますが、やはり開きません。

こちらがはめ込みフタの開け口です。裏側からみると当然こうなります。

ピンセットの尻でちょん!簡単に開きます。

 

TYPEU4623-8010ムーブメント

やはり電池蓋パッキンが溶けています。開けたついでに、これがムーブメント。

レトロなクォーツムーブメントですね・・・完全に湿気ていますが、問題なく動きます。それに金属の歯車。当たり前の様ですが最近のこのクラスではありえない作り。いかにも分解掃除出来ます!って作りですね。

プリント基板むき出しなのは、ブランドムーブメントを意識してる?これが電池”301”の分厚い電池で1年です。

この蓋は手では閉まりません。プレス器が必ず必要なんですが。

ここが膨らんでいますから、コマとジャストフィットしない為に閉めるにはコツが要ります。
このタイプの電池交換は、
こちら”グランド・クォーツ”や”キング・クォーツ”でも見る事が出来ます。

セイコー腕時計電池交換トップに戻る