SEIKO腕時計(セイコー)Bracelet16-5350電池交換修理

Bracelet16-5350

Bracelet16-5350電池交換です。SEIKOの下に”QUARTZ”の文字があるところがレトロな雰囲気。最近のクォーツ時計にはQUARTZの文字が文字盤にはありません。それだけ当たり前になってきたと言うことなんですね。

クォーツマークが書いてあるのも懐かしい。ベルトはカット式ブレスレット。切りすぎては元に戻せないタイプ。

裏蓋は”はめ込みタイプ”ベルトは一体風ですが外せます。

放置期間が長いのか赤く変色していますね・・・ベルトはこの爪で一体風にみせています。

表から見た図。横からですが、この爪がどちらかに曲がればケースとベルトの間に隙間が空きます。

これがキャリバー「2桁-4桁」のキャリバーも懐かしい。これがムーブメント。

マイナス端子で電池が浮き上がっています。裏蓋の形状もレトロなクォーツ。

 

竜頭を抜いて。簡素ながらもシッカリした作りのムーブメントである事が分かります。

クリアですから分かりにくいですがスペーサーも入っています。ケースの内側もチェックしていますが写真がココまでしかない・・?m(..)m

セイコー腕時計電池交換トップに戻る